マイホームの金利

白壁のアパート

マイホーム購入と住宅ローンについて

マイホームは大半の人にとって人生で一番高い買い物になるといわれています。そのため、住宅ローンを利用して購入することが一般的です。住宅ローンのタイプには、借入期間中は金利が固定されている固定金利型や、市場金利の動向に応じて金利が変動する変動金利型、一定期間は固定金利でその後に変動金利に移行するタイプがあります。一般的には、借入時点の金利としては、固定金利型の金利が一番高く、変動金利型が一番低いこととなります。現在は史上まれにみる低金利な状態で、住宅ローンを組むには有利な時期であるといわれています。なぜなら、住宅ローンは非常に長期間かつ金額の大きなローンとなるため、わずかな金利の違いであっても総返済額という単位で考えると金額に大きな違いが出てくるからです。

任意売却手続きについて

住宅ローンの借入期間は長期間にわたるため、借入期間中にリストラや諸事情で返済が滞ってしまうと、金融機関からローンの一括返済を迫られることとなります。バブル崩壊後の景気低迷やリーマンショックでの景気激変を受け、ローンが払えずにマイホームを手放した事例も少なくないといわれています。売却にあたっては裁判所の競売手続きを経ることが一般的ですが、所有者がみずから飼い主を探す任意売却という手法をとることもあります。任意売却のメリットとして、裁判所の競売よりも任意売却の方が高い価格で売れる可能性がある点が挙げられます。任意売却を進めるにあたっては、地域で販売実績のある不動産業者に依頼することが一番であるといわれています。