土地を売却する

塔のある家

人気のある土地は相手からやってくる

土地売却はタイミングが重要です。不要な土地を所有していると固定資産税がかかりますので、早く処分してしまいたいと考えがちですが、売り急いでも希望する金額で土地売却を行うことはできません。通常、土地売却をしようと思ったら、不動産会社に仲介を依頼しますが、仲介手数料も必要になりますので、安易に依頼することは避けるべきです。人気のある土地であれば、個人での購入やハウスメーカーを通しての購入の打診があることがあります。特に空き地の場合には、アパート経営の勧誘が来ることも多々あります。土地売却をすぐにしてしまいたいなら、不動産会社に依頼する必要がありますが、急がないのであれば、買い手の方からやってくるまでは動かないことも必要です。

土地売却の話の進め方

人気のある土地であれば、不動産会社も目を付けていますので、土地売却の意思がないかどうか頻繁に聞きに来ます。人気がある土地は決まっていますので、個人も不動産会社も常にアンテナを張って探しているからです。そのような優良な土地を所有している場合には、はっきりとした意思表示は避けた方がよいでしょう。売る気があるような態度をすると、その情報は瞬く間に不動産業界に流れてしまい、さらに頻繁に交渉にやってくるようになります。できるだけ、本心を隠しながら、信頼できる相手を探したうえで、土地売却の話に乗るようにしましょう。中途半端に話し始めるのではなく、ある程度、相手を絞ってから交渉を始める方が、スムーズにまとまります。